松 阪 牛 の す き や き
www.yachiyo-web.co.jp
名産松阪肉のお料理、すきやき
 
松阪流のスキヤキはスゴイ!?

松阪牛の歴史はより旨い「スキヤキ肉」創出の歴史。薄く大判にスライスした霜降り肉を、五色野菜とともに、鉄鍋で「焼くように焚く」関西風寿き焼は当地発祥と伝えられます。
スキヤキ用の部位としまして、肩ロース、リブ・ロース、サーロインの3種類のお肉をお値段に応じてご用意いたしております。脂分の融出の多いバラ肉、アクを含みかつ煮すぎるとカタくなるモモやウデ肉類は、弊館では原則的に使用しません。これらは、価格の魅力が認められる以上に、欠点が多いからです。せっかく原産地においでになったのです。美味しい部位を召し上がってください。お肉の量はお一人様、おなかに納得の200グラムを基本としております。

 
専属の焼き手が万端とりおこないます

松阪流のスキヤキには少しばかりコツが必要です。まず中火で熱した鋳物製の鍋(スキヤキ鍋といいます)に牛脂をひきます。牛脂なら何でもいいというわけではありません。良質のケンネまたはチチカブを使いましょう。鉄鍋に牛脂が適度になじんだら、スライス肉をひろげます。つぎに砂糖をふりかけます。すると、アラ不思議、肉から汁気がしみだしてきます。頃合を見計らって醤油をかけます。ハイ、出来上がり。少しレアっぽい感じがグットです。2枚目も同様に焼きましょう。2枚目を焼き終えたあたりで青ネギを投入。同じく砂糖、醤油の順でふりかけます。青ネギからは肉以上に汁気が出るので、これが鍋の「地(じ)」、すなわちソースとなります。「地」が出来たら残りの野菜も入れていきます。汁気を吸うもの、出すものの順番に注意しましょう。糸コンニャクは肉をカタくする成分が含まれるため、一番最後、残ったソースに絡めて全部たいらげてしまう時まで入れないで下さい(松阪では、普通、鍋の最後にウドン等の麺類を入れません)。以上のように、松阪流のスキヤキは経験の浅い方には少し難しい方法です。鍋を焦がしてしまったら折角のお食事が台無し。専属の焼き手が万端とりおこないます。見ること、食べることに傾注くださいませ。

 
ご会食時のお値段

※ 一客 10,0000 〜 30,000円(税・サ込)
前菜物、御飯、フルーツのセットとなります。お肉はおひとり様200グラムを標準とし、お値段アップ毎にグラム数、お肉の等級などが変わります。詳しくはお電話にて問い合わせください。
※基本設定料金を下回る料金でのご提供をとくにご希望される場合、給仕スタイルを変更いたします。割り下(ワリシタ)を用い、人手のかからないかたちをとり、素材等をおとさぬようつとめます。

 
ご宿泊時のお値段

※ 一泊二食 20,000 〜 40,000円(税・サ込)
宿泊お夕食のスキヤキはとくにサービスした内容となっております。したがって、ご希望にかかわらず、繁忙期におきましてはお受けできない場合がございます。また、お夕食ご提供用の個室手配が困難な場合もございます。宴会場を衝立等により幾つかに仕切りまして、ご相席にて利用いただくこととます。

 
営業時間

弊館の営業時間は4月1日より夏時間、10月1日より冬時間となります。
開館 午前11時
閉館 午後10時
施錠 午後11時
ラストオーダー 午後8時
(冬期・夏期に関係なく同じ)

 
休日・定休日

定休日の設定はしてございません。お客様のご予約のない日、急な工事等が必要で休館せざるをえなくなった場合を除いて、原則として無休で営業しております。
※お盆、お正月も休まず営業しております。

 
アクセス

近鉄、ジェイアール松阪駅より徒歩7〜8分、タクシーなら1メーター程度、およそ5分です。伊勢自動車道松阪インターチェンジより、マイカーで約15分。
※近距離につき送迎は行っておりません。

 
クレジット・カード

各社クレジット・カードご使用になれます。

ただし、旅館券、クーポン、各種利用券、あるいは楽天、じゃらん等の旅行サイトを経由してご予約された場合、契約時のお支払い条項とその内容が優先されます。カードとの併用不可となることがございます。

 
ご予約方法

左記フォームより「宿泊」「食事」両方のご予約が可能です。また、電子メールやファクシミリ、電話にてもご予約を受付いたしております。
電話対応は朝10時頃から夜9時ごろまで、9時以降は留守番に切換え、録音機能のみとなります。急なご用件の伝達はファクシミリをご利用ください。

 
基本情報

515-0073
三重県松阪市殿町1295番地
0598-21-2501 代表局番
0598-21-2505 ファクシミリ

515-0073
1295 Tono-machi, Matsusaka city, Mie prefecture, JAPAN
TEL 81-598-21-2501
※Japanese conversation only
FAX 81-598-21-2505